<< 危機管理上問題ない=秘密裏の大阪訪問−平野官房長官(時事通信) | main | 大阪・都島区でアパート火災、男性2人死亡(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


プリウス2台、ハンドル内部でナット脱落(読売新聞)

 トヨタ自動車がリコール(回収・無償修理)を実施しているハイブリッド車の新型「プリウス」で昨年11月、ハンドルの内部装置に取り付けたボルトの締め付けが不十分で、ナットが外れる欠陥が2台で見つかっていたことがわかった。

 この2台は、すでにナットを取り付けて締め直す対策を取った。トヨタは「製造の初期段階で不具合が見つかることはまれだが、安全上の問題はない」と説明している。トヨタはこの欠陥について、新型プリウスのリコールを届け出た3日後の今月12日、国土交通省に報告した。

 トヨタによると、昨年11月、ユーザーから「ハンドル操作時に異音がする」という苦情が2件寄せられ、ハンドル内部の装置のボルトの締め付けが足りず、ナットが脱落しているのが見つかった。2台の車両はそれぞれ昨年5月19日と22日に、愛知県豊田市内の同じ工場で製造されており、締め付けの強さを確認する機械が正しく作動せず、締め付けが不十分だったことを検知できなかったという。

 トヨタは、この工場で昨年4〜5月に製造したプリウス約1万数千台分の締め付け強度のデータを調べた結果、2台のほかに強度不足は見つからなかったとしている。同省は「問題を特定して対策を取っており、リコールなどの必要はない」としている。

反捕鯨団体が液体入りの瓶=船員3人、顔に痛み−南極海(時事通信)
枝野氏「荷が重いがしっかりやる」 首相、行政刷新相に正式任命(産経新聞)
支持率低下、謙虚に受け止める=平野官房長官(時事通信)
上野動物園にパンダ=11年に中国から2頭−東京都(時事通信)
<訃報>齋藤賢四郎さん89歳=元ナブコ社長(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 17:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
日立金属は機械構造材料の現在の問題点は、摩擦にあるとして、境界潤滑の開発モードに移行している。つまり今までと違う異次元の境界潤滑理論(CCSCモデル)を開発し、高性能冷間ダイス鋼SLD-MAGICの自動車、産業機械への応用を開始した。
 ハイテンは軽量化だけだが、これは軽量化、摩擦損失低減、耐久性能向上の3つが同時向上するという。
  • イノベーションウォッチャー
  • 2017/05/31 12:30 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材レビュー
債務整理無料相談
無料携帯ホームページ
即日現金化
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM