<< 御柱祭で落下事故、1人死亡=1人が重体−長野・諏訪大社(時事通信) | main | <大治町長選>減税派当選で河村・名古屋市長、合併に前向き(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<ひきこもり>相談者の8割に精神疾患 厚労省まとめ(毎日新聞)

 ひきこもりに関する厚生労働省研究班は、自治体の相談窓口を訪れた人の約8割が、統合失調症や広汎性発達障害などの精神疾患があると診断されたとの調査結果をまとめた。この結果を受けて厚労省は19日、01年度作成の専門機関職員向け指針を改訂。「確定診断前の統合失調症が含まれている可能性は低くないことに留意すべき」とし、長期的な関与と精神疾患の有無の判断が必要としている。

 調査は07〜09年度に岩手、埼玉、山梨、石川、和歌山県の精神保健福祉センターなどを訪れた16〜37歳の184人を対象に実施。精神科医や精神保健福祉の専門職員が複数で診断し、このうち149人(80.9%)に精神疾患が確認された。

 診断結果は、人格障害や適応障害など51人(34.2%)▽統合失調症や気分障害など薬物療法が必要な人49人(32.9%)▽広汎性発達障害や知的障害など48人(32.2%)−−などだった。

 過去の調査から、研究班は全国のひきこもりを26万人と推計する。研究代表者の斉藤万比古・国立国際医療研究センター国府台病院精神科部門診療部長は「ひきこもりの長期化を防ぐためには、早期の受診や相談が重要。就労機会の提供など社会的支援に加え、精神疾患がある場合は特性に合わせた指導プログラムも不可欠だ」と話している。【佐々木洋】

【関連ニュース】
子ども相談室:10歳男児、睡眠中に突然大声で泣き出します=臨床心理士・西脇喜恵子
自殺率:思春期までに親自殺…3倍 国立精神・神経医療研究センター、松本室長の話
うつ病支援:全国の人とメールで「対話」 21日から富山のNPO /富山
香山リカのココロの万華鏡:心の病はタブーか /東京
県:徳島弁護士会の法律相談、精神的悩みにも無料で 制度をスタート /徳島

<労働問題>17日ネット番組開始 市民グループが情報発信(毎日新聞)
諫早干拓地堤防開門 地元対策怠り迷走 結論ありき、普天間酷似(産経新聞)
引きこもり殺人勃発…“爆弾”を抱える家族の実態(産経新聞)
<放送法改正>自公が修正案(毎日新聞)
携帯投げつけ、次女けがさせる…父親を逮捕(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 10:06
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材レビュー
債務整理無料相談
無料携帯ホームページ
即日現金化
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM